2010年04月16日

土壌汚染情報公開へ=トラブルを防止−国交省(時事通信)

 国土交通省は10日、国や自治体が集めた土壌汚染に関する多様な情報をデータベース化し、同省のホームページ(HP)で公開する方針を明らかにした。汚染物質の除去には費用と手間がかかるため、個人や不動産業者などが土地を購入する際にリスクを事前に把握できるようにし、トラブルを防止したり土地取引を円滑化したりするのが狙い。自治体と連携し、年内にも公開したい考えだ。 

【関連ニュース】
築地移転予算が成立=現在地再整備検討の付帯決議も
築地移転予算成立へ=都議会民主が修正案見送り
築地市場移転に黄信号=新用地取得費、削除の公算
汚染土壌の無害化は可能=豊洲市場予定地の実験で報告
26日の事業仕分けの結果

外国人の歯科医師、看護師などの就労年数制限、撤廃へ―法務省(医療介護CBニュース)
新核軍縮条約調印 首相「大いに歓迎」(産経新聞)
大阪・天王寺で2人組ひったくり(産経新聞)
両腕は女性、死後1〜2カ月=鋭利な刃物で切断か−福岡県警(時事通信)
法人化後の国立大の施設管理業務、総合大学の改善率が低い傾向(医療介護CBニュース)
posted by ツチハシ ノブアキ at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。